2012/1/11 水曜日

いざナポリへ

Filed under: Shinaruの戯言 — paysan @ 21:57:20

朝8時半,ローマのホテル出発、一路ナポリへ。
今回はバスガイドさん付で私も気が楽である。
バスは市内を出て右手にフラスカーティを見ながら、葡萄畑を抜けていく。

途中トイレ休憩でヴィスヴィオ火山が一望できるドライブインに寄る。
何気なくサラーメが目についたので、皆なに行き渡る量のパックを買い、試食をしてもらう。やはりイタリアの熟成したサラーメは美味しい。(勿論ペイザンにもあるが・・)

per-napoli-parcheggio-monte.jpg

per-napoli-parcheggio-coetoula.jpg

per-napoli-parcheggio.jpg

ナポリに着いてからは、ナイスビューの撮影スポットやサンタルチア港の卵城近辺を訪れる。この辺りは一流ホテルが多く、治安も良さそうでナポリの印象が凄く良い。

napoli-kesiki1.jpg

napoli-kesiki2.jpg

napoli-kesiki3.jpg

napoli-kesiki4.jpg
その後市内を歩いてガッレリア・ウンベルトの有名なケーキ店を見学しながらペペロンチーノ(唐辛子)の沢山ぶら下がったお店に向かう。
みんな珍しそうに唐辛子やレモンのチョコレートのお土産を買っていた。

napoli-peperoncino.jpg

pasticeria1.jpg

gelateria.jpg

napoli-piazza.jpg

napoli-strada-2.jpg

napoli-strada.jpg
そろそろランチタイムだ。
ナポリに来たからには本場ナポリピッツァを食べなくちゃ。

Antica Pizzeria Brandi ピッツァマルゲリータの発祥のお店としては大変有名なピザ屋であるが、味の方もカメリエーレもいまいちかな?
料理はと言えば、ボリューム満点で正にアメリカン並み。
ブルスケッタのビッグな事・・・フリット ディ パタータ(フライドポテト)などはマクドナルドと差がない。
早くから予約はしてあったのだが、思ったほどに感激はなかった。
どうもローマタイプのピッツァに慣れていると、ナポリタイプは私達には重すぎるようだ。
これはナポリピッツァを愛している人たちにしては禁句かもしれないが・・・・

brandi1.jpg

brandi2.jpg

brandi3-brsuchetta.jpg

brandi4caprese1.jpg

brandi5-caprese2.jpg

brandi6-frittomisto.jpg

brandi7brschetta.jpg

brandi8pizza-margherita.jpg

brandi9-pizza-prosciutto.jpg

brandi10-pizza-crozza.jpg

brandi-pizza-pescatora.jpg

brandi-11-baba.jpg

brandi12-tarto-cioccolata.jpg

brandi-cucina.jpg

brandikichein1.jpg

brandi-pizza-forno.jpg

brandipizzaforno2.jpg

brandi-kanban.jpg

それと事前の情報だけど、ダ・ミケーレの方が評判が良いようだ。
次回の為に記憶しておこう。

その後、中央駅前のホテルにチェックイン。
近辺はなんと汚いし、ガラが悪い。
ガイドさん曰く、ホテルの裏には行かないで下さい。
右も前も治安が良くないので、余り行かないで下さい。
左は少し大丈夫です。
あれ~~~!ナポリってこんなだったかな~?
それにしても浮浪者が多い。
考えてみれば市内に宿泊をするのは初めてだった。

昼のピッツァが重かったので、夜は社員以外の皆さんとすし屋に行く。
タクシー3台に分かれて行くのに、フロントの若い青年が危険だから、私が安全なタクシーを呼ぶと言う。一台づつ出発するが3台目の私達の車が来るのに15分くらい待たされる。

napolihoteru.jpg

しかも10エウロ以内で行けるはずの場所なのに15エウロづつも取られる。
挙句の果てに、着いた所がスペイン街のガラの悪い場所で別々の位置に降ろされている。
何とか一便目には合流できたが、2便目が行方不明、そして携帯に連絡が入り、入ってはいけない場所に降ろされたので抜け出したとの事。5人をすし屋に残し、表通りに出て何とか3人を見つけ出し店に戻る。そもそも、すし屋のある場所が治安の悪い所だったようだ。
しかし無事、食事にありつけた。みんなで寿司などを食べ終わり私は物足りなかったので、親子どんぶり(ナポリのすし屋のだ)を頼んでみる。何とビックリ、サーモンとイクラの親子であった。これには皆で大笑い。
帰りはバスにしようかと思ったが、皆の希望でタクシー3台で帰る。
帰りの料金は10エウロであった。

翌朝同じフロントマンだったので、後の祭りだとは解っていても文句(唯一知ってる下品な言葉で)を言わざるをえなかった。

(ナポリ2日目)
今日は3組に分かれ別行動。
社員の皆はカプリ島に、5人はポンペイに、私達7人は最初の予定通り、ナポリ中央駅からポッツォーリ経由で、港から船でイスキア島へ向かう。
念のために付け加えておこう。ポッツォーリの駅から港までは歩いて30分くらいかかり結構遠い、何度か道を尋ねた。
港からは余り待つことなく大きなフェリーに乗り込み、後は快適な船内の一時間であった。

pozzoli1.jpg

pozzoli2.jpg

pozzoli3.jpg

pozzoli4.jpg

pozzoli6.jpg

イスキア島に着くと二人の観光タクシーのガイドが客引きをしていた。
思ったよりもイスキアはひっそりしている。それもそのはず今日は日曜日だった。
港近くでは、店もレストランも閉まっていて楽しそうな事は何もなくヒッソリ。
一人の若い運転手と交渉し、島の一部の観光する事になった。
若い運転手は少しだけアンディ・ガルシア似。
車はスバルサンバーの後ろ部分を向かい合わせて座席を6席作った感じ。
私は助手席に座らせてもらう、乗り心地は悪そうだが我慢してもらう。
名所を連れ回って一生懸命に説明してくれる。

ischia1.jpg

ischia2.jpg

ischia3.jpg

ischia4.jpg

ischia5.jpg

ischia6.jpg

ischia7.jpg

ischia8.jpg

ischia9.jpg

ischia10.jpg

ischia11.jpg

ischia12.jpg

ischia15.jpg

その後食事に行くが、最初行ったところは喫茶店のようなところでキャンセル。
次の店は大当たりであった。
美しいビーチを眼下に一望できるRISTORANTE NEPTUNUS S.Angelo
私達が行くと同時に一組が帰ってくれて席に着く事が出来たような繁盛店だ。
最初はメニューを見て決めようと思ったが、オーナーが任せてくれと言うので、食べたい品を入れ、後はお任せにする。
下の料理がそれである。

ischia16.jpg

ischia17.jpg

amarfi-ringuine.jpg

ischia19.jpg

ischia20.jpg

ischia21.jpg

ischia22.jpg

ischia23.jpg

ischia24.jpg

isschia13.jpg

iscia14.jpg

食後に私の背中側に座っていた2組の老夫婦が、食後酒をテーブルに並べて飲んでいる。その中の野イチゴが沢山浮いた赤い食後酒は直ぐにイチゴと解るのだが、黒い物が一本あり不思議そうに見ていると、私達に飲めと振る舞ってくれる。聞いてみると黒い食後酒はルーコラであった。この紳士淑女はきっと港に停泊している豪華クルーザーで遊びに来ている人達だろう。
我々の仲間の一人の女性が一緒に写真を撮ってもらっていると大変なご機嫌であった。

清算の時オーナーがパンとデザートと食後酒とサービス料は全てサービスと言う。
ありがとうだけで終わると日本人の恥と思いチップをはずむと、又しても開栓していな野イチゴのボトルを一本と陽避けの為に食事中かぶっていた帽子も全員持って帰れという。
気持ちの良い食事を終え、運転手がもう少しガイドをさせてくれと追加料金を提示してきたが大した金額ではない。
時間もあるし少しだけ延長してガイドをしてもらい、早めに港にかえる。帰ってきた時には他のタクシー運転手がいて、如何にも自分はこれだけ稼いだぞと、嬉しそうにエウロ札を見せて自慢していた。そのシーンはとても滑稽だった。
船のチケットを購入すると、日曜日だからだろうか、最終の船だったようで、余り待つ時間もなく港を出て行った。
ポッツォーリ駅まで急いで歩いて行ったが、こちらも10分程度で出発し、ラッキーな1日であった事に感謝する。

この夜は流石にディナーは食べる気になれない。社員とミーティングを兼ねてアルコールだけで終える。

明日はアマルフィ

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.096 sec. Powered by WordPress ME