2009/8/30 日曜日

バカンス気分満喫

Filed under: Shinaruの戯言 — paysan @ 22:06:09

二日目からの朝食はゆっくりと済ませ、海へ繰り出す。水の冷たさは一向に気にならず、泳いでいても気持ちが良い。泳ぎ疲れてはボンボンベッドで甲羅干し。実は私は紫外線アレルギーらしく、首から下は日焼け止めをしっかりと塗っている。面の皮は厚いので、不思議と顔だけは大丈夫なのだが、手足に始まり、体に太陽が当たると火傷のようになってしまい、過去に何度も病院通いしたことがある。今回は大丈夫であったが、大変な目にも合った。100メートル(僅か)くらい沖に遊泳禁止区域のブイが浮いていて、久しぶりに無理して泳いでみた。10メートルも海に出ればとても深くなっているので運動不足の私にとっては少し冒険である。やっと着いた時にはブイにしがみ付き立ち泳ぎをしている始末で何ともみっともない。帰りは空を見ながらゆっくりと浜辺に向かって背泳ぎ。とても気持ちが良いはずであった。そこで突然胸から腹にかけて電気が走り、ビリビリチクチクって感じ。慌てて手足をバタバタしながら溺れそう。見てみると、浜辺ではなく横に向かって流されている。大変だ~!つくづく体力不足を痛感させられながら必死で浜辺に辿り着く。胸や出っ張った腹を見てみると腫れ上がっていてとても痛い。ビーチボーイの処に行って、これは何だ?って聞くとメドゥーザと云い、すぐに薬を塗ってくれる。その時は何か分からなかったが部屋に帰って電子辞書で調べるとクラゲのことであった。なかなか毒がひどく、この刺された跡が完治するのに2か月を要した。笑い話ではないが、このクラゲにはかなり痛い目に合されたので、網を借りて復讐に出かけ、生け捕り、太陽で日干しにしてやった。その写真は下に・・・

あと滞在中にポルトチェルヴォに出て行き、ローマでの買い物では不足だった皆さんはショッピングを楽しまれていた。私達はお洒落なバールでワインを楽しんでいた。ワインの事までは事前に調べていなかったのだが、サルデーニャ産ワイン ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ「カナイリ」はかなり美味しく、帰国してから仕入、再度同行したお客様にも味わっていただく事となった。お昼はパニーノで簡単に済ませたり、夜はホテル外に繰り出し、残りの2夜ともラフなレストランでサルデーニャの料理やワインを満喫する。皆さんにも気に入っていただけたようで一安心。

楽しかった3日間もあっという間に過ぎていく。

サルデーニャはバタバタとまとめてしまって御免なさい。

nice-beach1.jpg
しつこいようだけど本当に絶景

medusa.jpg
小さいが、かなり強烈な痛みを与える、憎きMedusaの末路

calamaro.jpg
喰いちぎられた烏賊を海から拾って、興味のありそうなドイツ人らしき少年にあげる。

portokanairi.jpg
午後のひと時をポルトチェルヴォで

kanairi.jpg
Vermentino di Gallura “KANAYLI” 美味しい!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.105 sec. Powered by WordPress ME