2009/2/3 火曜日

35周年

Filed under: Shinaruの戯言 — paysan @ 13:38:14

昭和49年初春にペイザンはオープンしました。
35年が過ぎるのは本当に早いです。
開店当初はうどん屋さんでも難しい場所なのに、イタリアのお好み焼きかうどんか知らんが、直ぐに潰れるよと言われていたのが懐かしく感じます。
世の常でしょうが、繁盛してくると一般の方の評価は変ってきます。あそこは場所が良い。ゴルフ場も近いし市内からドライブするのに丁度腹が減る良い距離である・・・・。今の経済エコノミストのように結果で意見が変ってくるのとよく似ています。面白いものですね・・

後になりましたが、本当に多くのお客様をはじめ、仕入れ業者、スタッフ、関わった方々のお陰で35周年が迎えられたことに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

連絡ボードに記載しておりますが、現在お礼の印として、先着1000組のお客様(お食事の方のみですが)に記念品を差し上げております。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメント (3)

  1. 35周年。本当におめでとうございます。
    これからもずっとずっとおいしいお料理をたべさせてください!
    わたしたちもいつか孫つれて行きたいと思います♪

    コメント by 河東桂子 — 2009/2/7 土曜日 @ 0:06:37

  2. 35周年おめでとうございます。僕は一昨年30年ぶりに行き、大きくなっていてびっくりしました。広島から1時間40分かかり、1月には孫達を連れて行きオーナーにピザのテイクアウトや送れるかどうかお聞きしたひげ大男です・・・!
    長女と孫2名、そして妻で伺い4種のチーズのピザを食べさせたく連れて行きました。
    その夜は湯田温泉に泊まり、夜に娘婿も来て、翌日婿とゴルフをして帰りました。
    また機会を作り伺いたいと思います。

    僕もゆっくりイタリア旅行したいな~。

    コメント by ごん太ぱぱ — 2009/2/24 火曜日 @ 15:28:59

  3. 河東さん、ごん太ぱぱお祝いメッセージありがとうございました。

    振り返ってみれば35年はあっと言う間です。
    これまで継続できたこと、本当に多くの皆様のお陰、言葉では表せないくらい感謝の気持ちで一杯です。

    実は秘話なのですが、私が中学生の頃炭団という物がありました。
    冬テレビを見ながら、誰に習ったわけでもなく、その炭団で漉し餡と寒天で羊羹を作ったことがあります。それだけでは飽き足らず、プディングの素を買ってきて、その羊羹とプディングを層にして作ったりしたこともあったんですよ。
    今思えば、本当に料理が好きだったんですね。
    この道に進んで、本当に良かったと思っています。

    いつまで現役でいられるか解りませんが、もう少し頑張ってみます。

    今後とも宜しくお願いします。

    コメント by paysan — 2009/2/25 水曜日 @ 18:14:01

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.084 sec. Powered by WordPress ME